文字サイズ

清原和博氏 覚せい剤の「後遺症がひどい。手の震え止まらない、耳鳴り、眠れない…」と告白

 元プロ野球選手の清原和博氏が15日、自身のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に動画を新規投稿。覚せい剤の後遺症に今も苦しみ続けていることを赤裸々に明かした。

 清原氏は2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、昨年執行猶予が明けたが、「覚せい剤はとんでもない怪物で、5年たってもなお、僕を襲い続けている。後遺症として」と語るなど、約18分の動画で覚せい剤の恐ろしさを訴えた。

 「本当のリアルは後遺症がひどくて、手の震えが止まらない。耳鳴りがずっとしている。眠れない。うつ病を患って5年目です」と現状を告白。睡眠薬を処方され服用しているが、眠れないといい、「(また薬物を)使ってしまうんじゃないか…という気がします」と再び薬物に手を出してしまう恐怖と闘い続けていることを明かした。

 そして「耐える心が破壊されていく。一番楽なのは使うことなんです。それか、アルコールに逃げることなんです」と語った。現在は4カ月禁酒しているという。

 新型コロナウイルスで外出自粛が続く今は、「コロナで依存症になる人、すごい多いんです。自粛、自粛で、覚せい剤使ってる人には最高の期間なんですよ。絶好調の期間なんですよ」と笑みを浮かべ、「僕の担当刑事さんに聞きましたけど、コロナの時期は売り上げが上がる(って)」と懸念を伝えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス