文字サイズ

国学院大のルーキー・神里がリーグ戦初打席初安打 兄はDeNA外野手

9回国学院大1死一塁、右前安打を放つ国学院大・神里陸=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
9回国学院大1死一塁、右前安打を放った国学院大・神里陸=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
リーグ戦初打席初安打を放ち、ベンチで主将・福永奨(左)にねぎらわれる国学院大・神里陸=神宮球場(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「東都大学野球、国学院大14-1立正大」(7日、神宮球場)

 国学院大のルーキー・神里陸捕手(1年・東海大相模)がリーグ戦初打席初安打をマークした。九回1死一塁から代打で神宮デビュー。2ボールからの3球目を右翼へ運び、ダメ押し点となる攻撃に絡んだ。

 兄はDeNA・神里和毅外野手で、東海大相模時代に内野手から捕手へと転向した。鳥山泰孝監督から「走攻守、非常にバランスがいい」とレギュラーとも遜色ない力を持っていると評価される期待の新人が、大学野球の第一歩を踏んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス