文字サイズ

専大松戸 左翼手・吉岡は号泣「絶対に捕れると思った」打球後逸でランニング弾許す

 「選抜高校野球・1回戦、中京大中京2-0専大松戸」(25日、甲子園球場)

 専大松戸・吉岡道泰外野手(3年)は七回の守備を悔やんだ。2死二塁の場面。相手7番・櫛田の打球が左翼前方へライナー性で飛んできた。前進守備に加え、左打者ということもあって左翼手・吉岡の守備位置はライン寄り。想定通りの打球だった。

 「絶対にあそこは捕れると思った」と迷わずダイブした。だが、わずかにグラブへ届かず。左翼フェンスまで転がり、決勝2ランとなるランニング本塁打を許した。「後ろにそれた瞬間は自分の中でもえっと思って。ボールを追うことを優先したんですけど、ランナーが三塁を回った瞬間こみ上げるものがありました」と吉岡。4番としても無安打に終わり、ゲームセット前からベンチで号泣。「素晴らしいチームに勝ちたかった」と強豪との対戦を糧に、必ず夏にリベンジしてみせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス