文字サイズ

星稜・林監督 「私も犯人扱いされた」 高野連へ謝罪も、習志野側からの謝罪要求

 星稜(石川)の林和成監督(43)が29日、大阪市内の宿舎で取材に応じ、28日の習志野(千葉)戦でサイン盗みをされた疑惑を提起し、習志野の控え室へ抗議に乗り込んだ件について日本高野連へ謝罪の電話をしたと説明した。その上で「私も犯人扱いされた」と、自チームにもサイン盗みの疑惑を持ちかけられた事も明かした。

 林監督は「今朝、日本高野連の方に謝罪の電話をし、私の行き過ぎた言動と行動で大会本部長を通じて皆さんに多大なご迷惑を掛けたことに対して反省し、謝罪いたしますとお電話しました」と話した。

 高野連関係者からは「監督から謝罪の言葉もらったことは受け止めます。あとはこちらで今後の検証、再発防止などについて任せてほしい」などと説明されたという。

 林監督は「行き過ぎたことに関して習志野の皆さんにも謝罪しないといけない」とした上で、さらに「付け加えて言わせていただくと、私も犯人扱いされた。そういった根拠もないことを言われて、犯人扱いされたことは謝罪を求めたい」と訴えた。試合後取材終了後、習志野の控え室に1度訪れ、疑わしい行為への抗議を申し出た際に習志野・小林徹監督(56)側から星稜側にも疑わしい行為があったと反論を受けたことを明らかにした。

 前日の一連の言動について「私が控え室に行くことも前代未聞ですし、混乱を招いたり皆さんの前でお立ち台の上で相手を批判することを言ったことは行き過ぎた」と反省。しかし「(サイン盗みの行為が)あったことの事実かどうかというのは、私自身の中ではあったのではないかという思いはいまだに持っております」と、腑に落ちない状況であることも明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス