文字サイズ

巨人・岡本和が背中の張りで帰京へ 原監督「元気で会おうということ」

 「巨人春季キャンプ」(25日、那覇)

 巨人・岡本和真内野手が背中の張りを訴え、打撃練習を回避した。チームのアップの際は球場に姿を現したが、その後の練習は取りやめた。原監督は「背中が張っている。(2月1日のキャンプから)ずっとやってきているから。帰らせる」と説明。今後、帰京して調整を行う予定。3月上旬からオープン戦が予定されており、そこで「元気で会おうということ」と語った。

 ただ大事には至っていないようで、症状について指揮官は「軽い?と思うよ」と説明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス