文字サイズ

楽天1位・早川“マー君ロード”行く「新人王狙っていきたい」

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル)

 楽天がドラフト1位で交渉権を獲得した早大・早川隆久投手(22)が26日、西東京市内にある野球部の室内練習場で、新人王の誓いを立てた。ロッテ、西武、ヤクルトを含め、4球団が競合した大学ナンバーワン投手。“ダルが認めた男”が1年目から活躍を誓う。

 「期待されている。応えられるように頑張りたい」。近大・佐藤に並ぶ最多の4球団競合。石井GMのガッツポーズを見届け、杜(もり)の都に向かう決意を言葉にした。「新人王を狙っていきたい」。仙台のイメージは「まだ牛タンくらいで…」と笑わせたが、明確なビジョンを描く。

 目標にするのは、米大リーグ・カブスのダルビッシュ、ツインズの前田に、ヤンキースの田中。「偉大な先輩に追い付ける選手になりたいです」と前を向く。春季リーグ戦で最速155キロを記録した際に、ダルビッシュ有投手が「いやいや笑 左で155キロって笑」と、ツイートしたことでも話題になった。

 現在、秋季リーグ戦では4勝0敗。防御率は0・25と驚異の数字を残す。「防御率にこだわっていきたい。まだスタートラインに立っただけ。ここからが勝負になる」。目指すのは目標にする新人王を獲得し、楽天を悲願の日本一に導いた“マー君ロード”。大志を抱き、プロの門を叩く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス