文字サイズ

DeNA投壊…遠のく虎と竜 井納今季最短KO、砂田危険球退場

 「巨人9-7DeNA」(8日、東京ドーム)

 序盤の大量失点が響いた。四回までに9失点とDeNA投手陣が崩壊。守備も乱れた。3カード連続負け越しで借金3。2位・阪神と3位・中日の背中が遠のいた。

 先発の井納は初回、岡本に2ランを被弾。1点差に迫った二回は適時打、さらに2死二塁から二塁内野安打で二走・吉川尚の生還を許した。ソトの緩慢な守備もあり、2回4失点で今季最短KO。右腕は「先制を許しましたが直後に味方が得点してくれて、ここからという時に追加点を与えてしまい申し訳ないです」と肩を落とした。

 ラミレス監督は「序盤の失点がかなり響いた。井納にはもう少し期待していましたが、残念ながらこういう形になってしまった」とがっくり。2番手の砂田は三回に2点を失い、四回は先頭・吉川尚に頭部死球を与えて危険球退場。急きょ登板した3番手の三上も2失点した。

 打線は八回にオースティン、ロペスの一発などで5点を奪う猛攻で粘りを見せた。投打の歯車をかみ合わせ、流れをつかみたい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス