文字サイズ

奈良県独自大会の組み合わせが決定 天理と智弁学園が決勝対決熱望

取材を受ける天理・下林主将(撮影・永井優花)
2枚

 奈良県高野連は6日、県立教育研究所で「令和2年度奈良県高等学校夏季野球大会」の組み合わせ抽選会を行った。

 甲子園交流試合への出場が決まっており、今大会の優勝候補である天理と智弁学園の両主将が、決勝戦での対決を熱望した。

 「いよいよ始まるのかと楽しみな気持ち。(昨年の)秋の県大会は3位だったので、奈良県で1位というのを目指してやっていきたい。最後は智弁とやりたいです」と天理・下林源太主将(3年)が語れば、負けじと智弁学園・白石陸主将(3年)も「自分たちは4番もエースも2年生ですが、3年生だけでもやれるぞ!というところを見せたい。決勝はやっぱり天理とやりたいです」と闘志を燃やす。天理は22日、智弁学園は21日にそれぞれ初戦を迎える。

 また、今大会は開会式が行われないため、抽選会後に一条の岸上夏樹斗主将(3年)が選手宣誓を行い「ともにグラウンドで戦う仲間がいることに感謝、真剣勝負でぶつかり合う仲間がいることに感謝し、最後のアウトコールが響くまで全力で戦うことを誓います」と宣言。

 受験のために引退を決意した3人の3年生部員を思い「もちろん野球がやりたくなくて辞めた訳ではないので、3人の分までしっかり戦いたい」と最後まで全力でプレーすることを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス