文字サイズ

大船渡・佐々木「12球団どこでも」「夢と希望を与えられる選手に」プロ志望正式表明

 プロ野球への思いを語る大船渡・佐々木朗希=岩手県内
2枚

 今秋ドラフトの目玉で最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が2日、大船渡市内で会見を開き、正式にプロ志望を表明した。

 制服姿で会見した佐々木は「今日の午前中にプロ志望届を受理していただいたことをご報告いたします」と、一礼。続けて「レベルの高いところでプレーしてみたい。12球団どこでも頑張りたいと思っています。子どもたちに夢と希望を与える選手になりたい」と語った。

 甲子園には出場できなかったが、“令和の怪物”として注目された。1年の冬からプロを意識したことを明かし、最終的には「自分の意思で」志望届提出を決断したという。

 この日、日本高野連の公式ホームページでプロ志望届提出者として佐々木の名前が公示された。すでに12球団最速で日本ハムが1位指名を公表しているが、複数球団による争奪戦は確実な状況。今後は17日のドラフトまでに、佐々木は面談を希望した球団と話し合いの場を持つとみられる。

 右腕は4月に高校生最速となる163キロを記録。今夏の岩手大会では決勝で敗退したが、全国での実績がない中で侍ジャパン高校代表に選出され、U18W杯にも出場した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス