文字サイズ

中京学院大中京 完敗の奥川に脱帽「スライダーは本当に打てない」「あれは当たらない」

星稜に敗れ、引き揚げる橋本監督(中央)ら中京学院大中京ナイン=甲子園(撮影・高石航平)
2枚

 「全国高校野球選手権・準決勝、星稜9-0中京学院大中京」(20日、甲子園球場)

 中京学院大中京(岐阜)の快進撃が止まった。

 星稜(石川)のエース・奥川の前に7回2安打。2番手の寺沢にも抑えられ、得意の後半の逆転もならず。岐阜県勢としては1956年の岐阜商以来となる決勝進出を狙ったが、0封負けした。

 橋本監督は「奥川君は想像以上に素晴らしかった。トータル的に鍛えないと戦えないと改めて実感しました」と脱帽。初回に先頭で中前打を放った1番の高畠は「先頭の自分が打ったことでギアを上げたのかな。変化球のキレが変わったと思った。スライダーは本当に打てないです。すごいです」と、驚いた様子だった。

 1年生の5番・小田も3打数無安打1三振。準決勝に進出する原動力にもなったが、奥川には完敗し、「真っすぐは見た事のないスピード。スライダーは当たったと思いましたけど、当たっていませんでした。振り終わって『あれは当たらない』と感じるくらいすごかったです」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス