文字サイズ

中日松坂「中継ぎ陣に申し訳ない」5回2失点91球、スタミナ切れで交代

5回、大山を中飛に打ち取り、ビシエド(右)とタッチを交わす松坂(撮影・北村雅宏)
3枚

 「中日-阪神」(16日、ナゴヤドーム)

 右肩痛で出遅れていた中日・松坂大輔投手が、今季初登板初先発。5回を4安打2失点、91球で降板となり、勝ち負けはつかなかった。

 失点した一、三回はいずれも近本の安打から糸井に犠飛、適時打を許した。五回はガス欠寸前となった。1死から近本、糸原に連続死球。すっぽ抜ける球も目立ったが、糸井、大山を抑えて何とかしのいだ。降板後、松坂は「長いイニングを投げることができず、中継ぎ陣に負担をかけてしまい申し訳ないです。もう1イニング、2イニング投げたかったです」とコメントした。

 キャンプ中にファンとの接触で右肩を痛め、チームを離脱。開幕2軍スタートとなった。本拠地の大歓声に後押しされて上がったマウンドで最低限の投球。「次回はもっと長いイニングを投げて、ゲームを作れるようにしたいと思います」と気持ちを前に向けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス