文字サイズ

落合博満氏 中日・松坂の復活に「世間は手のひら返すなよ」

1枚拡大

武井壮、小杉竜一がMCをつとめる毎日放送『戦え!スポーツ内閣』。その5月30日放送回に、元中日監督の落合博満氏がゲストで登場。今年古巣に加入した「平成の怪物」松坂大輔投手について語った。

メジャーリーグから日本球界に復帰するも、ソフトバンク時代は3年間でわずか1試合のみの登板に終わった松坂投手。今シーズン、中日ドラゴンズにテスト入団するも、周囲の目は相当手厳しいものだった。

しかし、復活をかけた今シーズンはすでに6試合に登板。2勝3敗という成績以上の活躍を見せ、防御率も2.51と、中日の投手陣を引っ張っている。落合氏は「投げられれば復活でしょう。よくぞ投げられるようになったなと。周りが勝手に『あいつはダメだ』と騒ぎ立てたね。(森繁和)監督はテストしてから獲るって明言してるわけなんで。(入団後の)キャッチボールを見て、こいつ、投げられるんだなとは思った。で、こうやってゲームに投げて、2つ勝った。世間は手の平を返すなよ、だよな」とコメント。

また、中日ファンで知られるスピードワゴンの井戸田潤が、「松坂は何勝するか?」という質問をぶつけたが、落合氏は「何勝よりも、中6日できちっとシーズン終わってくれれば。それだけで充分」と語り、もうひとりのゲスト・元阪神の下柳氏も「今のピッチングをしていれば、ローテーションは守れる」と太鼓判を押した。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

エルマガジン最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(エルマガジン)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス