文字サイズ

日本ハム吉田輝「最後に甘くなった」小園に被弾もオール直球勝負で存在感

1回に失点するも笑顔でベンチに戻る日本ハム・吉田輝星=楽天生命パーク宮城(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「フレッシュオールスター、イースタン-ウエスタン」(11日、楽天生命パーク)

 イースタンの先発を務めた日本ハム・吉田輝が、ウエスタンの1番・小園(広島)に先頭打者弾を浴びた。

 帽子を取って汗を拭い、思わず苦笑いを浮かべた。カウント0-2からの4球目、外角高め146キロ直球を見事に捉えられた。「最後に甘くなったストレートを打たれてしまいました」。打球は右翼ポール際に着弾。直球勝負で敗れた。

 熊谷(阪神)は中飛に仕留め、続くは根尾(中日)。昨夏の甲子園ではバックスクリーンへ一発を浴びたが、この日は宣言通り直球オンリーで3球三振。最後は高め147キロでリベンジを果たした。

 「2ストライクからストレートで空振り三振に仕留めることができて、良かったです」

 左腰に張りを訴え、プロ初黒星を喫した6月23日・中日戦(ナゴヤドーム)を最後に実戦から遠ざかっていた。「今日がけがからの復帰登板となりましたが、自分の思った以上のボールを投げることができ、楽しかったです」。この日、打者5人に対して投じた18球は全て真っすぐ。1回2安打1失点に終わったが、持ち味は発揮した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス