文字サイズ

楽天・岸がまさかの1球…敬遠後の投手・上茶谷に先制2点打「自分の責任」

 「DeNA3-0楽天」(23日、横浜スタジアム)

 粘りの投球を見せながら、エース右腕が敗戦につながった痛恨の1球を悔いた。楽天・岸孝之(34)が先発、6回を2失点も今季2敗目を喫した。

 「粘れたとは思う」と初回に無死二塁の危機を招くが、後続を抑えて無失点の立ち上がり。二回以降は安定した内容を見せていたが、両チーム無得点の四回だ。2死二、三塁として大和を申告敬遠。投手の上茶谷との勝負を選択した。

 だが初球のチェンジアップが甘く入ると、左前へはじき返される先制の2点適時打とされた。平石監督は「直球を待っている中で、ちょうど(タイミングが)合ってしまった感じ」と振り返った。

 まさに痛恨の1球。その後も味方の反撃を信じて五回以降も抑えるが、ビハインドの展開に七回の打席で代打を送られた。岸は「(点の)取られ方ですよね。自分の責任。すべてはあの2点ですね」と悔しさをにじませていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス