文字サイズ

渡辺監督、KO翌日遅刻の涌井に“喝”

 西武の渡辺久信監督(47)が26日、西武ドームでの全体練習に遅刻してきた涌井秀章投手(26)に苦言を呈した。25日のロッテ戦(西武ドーム)では2戦連続で六回途中に降板し、突き放すような評価を下した翌日の出来事。「こういうところで遅刻してくるようじゃダメだ」と、厳しい言葉で“喝”を入れた。

 練習開始の午前11時になっても背番号18が見当たらない。姿を現したのは約30分後だった。「昨日のきょうだったら一番乗りしてるぐらいでないと。看板を背負っているのだから」。当の涌井は「監督とは何も話していません。大渋滞していた」と歯切れが悪かった。

 前日のロッテ戦。六回に崩れ2失点した後、2死一、二塁と走者を残してマウンドを降りた涌井に対し、試合後に渡辺監督は「普通の投手だね」と厳しかった。「相手打線に火をつけて降りた。昨日は勝てる流れ。それをやられてしまった。普通の投手ならよくあること」と言葉の意味を説明。続けて「こんなこと(言葉)で折れる投手じゃない」。非凡な能力があると評価するがゆえ、あえて手厳しい言葉を選んだ。

 若返った先発ローテのうち、1年間投げ抜いた経験があるのは岸と牧田、そして涌井だけ。若い菊池、野上、十亀にエースの気概と投球の手本を示す立場にあるのは明白だ。「先のことを考えると、やってもらわないと困る」。指揮官はまな弟子の奮起に期待している。

関連ニュース

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス