文字サイズ

巨人・菅野 まさかプロ最短1回0/3KO 先頭打者弾から2四球大乱調

 「交流戦、巨人1-5ソフトバンク」(23日、東京ドーム)

 巨人は交流戦優勝を懸けた大一番で、エース菅野がまさかのプロ最短KOに沈んだ。1回0/3を3安打4失点、3四球の大乱調。「見ての通りですし、チームメート、ファンの方に申し訳ない」とただ、猛省するしかなかった。

 勝った方が優勝の大一番。原監督も甲子園決勝と位置づけた一戦で、初回に期待を裏切られた格好だ。福田に先頭打者弾を浴びた後も、さらに2四球でピンチを広げ、内野安打やスクイズなどでこの回4失点。二回に先頭の投手和田に四球を与えてしまうと、すかさず原監督は険しい表情で交代を告げた。「先頭にホームラン。それでフォアボール、フォアボール、リズムもへったくれもあったもんじゃない」と指揮官は厳しく言い放った。

 交流戦は11勝7敗と勝ち越して全日程を終了も、最終戦で5年ぶりの優勝を逃し、後味の悪さも残った。「選手は粘り強く戦った。間が空くのでメンテナンスをしっかり」と原監督。前向きに話すも腰の違和感から復帰後、本調子とはいえないエースの復調なしでは5年ぶりの優勝は心もとない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス