文字サイズ

オリックス・ロメロがサヨナラ打!反撃弾も!西村監督絶賛

 9回、ロメロはサヨナラ打をは放ちに手荒く祝福される(撮影・山口登)
1枚拡大

 「交流戦、オリックス6-5中日」(13日、京セラドーム大阪)

 最後は頼れる助っ人が決めた。オリックスが2点ビハインドの九回、R・マルティネスを攻め立て、満塁とすると西野が四球の押し出しで1点差。吉田正の二ゴロで同点。そして2死二、三塁からロメロだ。カウント2-2と追い込まれながらもバットの先で引っかけ左前に運びサヨナラ打にしてみせた。

 「バットの先だったからイタイイタイ。前の打者がなんとかしてくれたからね。なんとか当てようと必死でした」

 負けていれば借金は13とワースト更新の危機だっただけに大きな1勝となった。

 助っ人はこの一打だけではない。3点を追う七回には右翼へ一発を放ち反撃ののろし。これが6月5本目の一発。首痛や脇腹痛で出遅れたが、一気に調子を上げてきた。

 西村監督は「(敬遠も)頭にあった。勝負してくれてよかった。よく決めてくれた」と絶賛した。低調だった打線に兆しが見え始めた。「明日が大事。ノっていかないと」と14日からの阪神戦の必勝を誓っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス