文字サイズ

オリックスが三回に逆転 移籍後初先発の竹安を援護

3回裏オリックス1死2塁、佐野は左翼線に同点となるタイムリー二塁打を放つ(撮影・坂部計介)
3回、福田は左前にタイムリーを放つ(撮影・坂部計介)
2枚2枚

 「交流戦、オリックス-中日」(12日、京セラドーム大阪)

 オリックスが三回、逆転に成功した。

 1点を追うオリックスは三回先頭の大城が右中間二塁打で出ると1死後、1番・佐野が左翼線二塁打で同点に追いついた。

 「打ったのはストレートです。インコースのボールにうまく反応することができました。チャンスでしたし、なんとかランナーを返すことができて良かったです!」

 さらに福田も左前適時打で続き一気に逆転。

 「いい形でまわってきたチャンスでしたし、リラックスして打席に入ることができました。しっかりと自分のスイングができたことが、いい結果につながったと思います!」

 阪神から移籍後、初先発の竹安を援護した。しかし、竹安は五回、大島にタイムリーを許し同点に追いつかれた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス