文字サイズ

オリ3連敗 終盤に集中打許す 移籍初先発の竹安は6回途中2失点

8回裏、4失点の近藤(中央)はマウンドで呆然とした表情を見せる(撮影・坂部計介)
1枚拡大

 「交流戦、オリックス2-6中日」(12日、京セラドーム大阪)

 オリックスが3連敗を喫した。

 2-2で迎えた八回、3番手の近藤が京田に勝ち越しの適時打、井領に3点三塁打を浴びて一挙4点を失った。近藤は4敗目。

 先発は阪神から移籍後初先発となった竹安は5回0/3を8安打2失点。毎回走者を出す苦しい展開で、二回には2死から京田に左中間へ二塁打、加藤に中前へ適時打を運ばれ先制を許した。

 打線が三回に2点を挙げて勝ち越したが、五回に痛恨の失点。井領にこの試合2安打目となる二塁打を許し、大島に左前に同点打を浴びた。

 中日は連勝。大野雄が7回を4安打2失点で4勝目をマークした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス