文字サイズ

オリックス竹安 移籍後初登板は5回0/3、8安打2失点

6回、降板するオリックス・竹安(撮影・坂部計介)
2枚

 「交流戦、オリックス-中日」(12日、京セラドーム大阪)

 阪神から移籍したオリックス・竹安大地投手の初登板初先発は5回0/3、8安打2失点だった。右腕の移籍後初勝利はお預けとなった。

 同点に追いつかれて迎えた六回、先頭のビシエドに二塁打され、続く福田に四球を与えたところでベンチは交代を告げた。走者2人を残して2番手の海田にマウンドを託した右腕。ベンチで海田が見事に後続を断つと拍手で出迎えた。

 注目の立ち上がり。先頭の井領に右前打を浴びた。1死後は大島にも右前打されピンチを招いたが、高橋を二ゴロ、ビシエドを遊飛に仕留めて無失点で切り抜けた。

 しかし、二回には2死から京田に左中間へ二塁打、加藤に中前へ適時打を運ばれ先制を許した。

 三回には打線が援護。先頭の大城が右中間二塁打で出ると1死後、1番・佐野が左翼線二塁打で同点に追いついた。さらに福田も左前適時打で続き一気に逆転した。

 しかし五回に痛恨の失点。井領にこの試合2安打目となる二塁打を許し、大島に左前に同点打を浴びていた。

 竹安は2軍戦で8試合に登板、2勝1敗、防御率2・32。前日は京セラドームのマウンドで投球練習をして登板に備えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス