文字サイズ

仏教大 ドラフト候補負傷も春5年ぶりV 田原監督は先発・中山怜の成長を称賛

 ベンチ前で胴上げされる田原監督
1枚拡大

 「京滋大学野球、仏教大5ー1京都先端大」(13日、皇子山球場)

 第5節3回戦が行われ、仏教大が京都先端科学大を下し、春は5年ぶり、春秋通算で2季連続となる54度目の優勝を果たした。中山怜央投手(4年・奈良大付)が3安打1失点の完投勝利を挙げて4勝目。田原完行監督(59)は出場が決まった6月10日からの全日本大学選手権に、気持ちを向けた。

 仏教大・田原監督は、中山怜の好投を称えた。チーム全体に人間的な成長を求めている中で「彼自身、去年の秋から期するものがあった。人間的にも成長してきた」と笑顔。今秋ドラフト候補の最速149キロ右腕・福森建投手(4年・水口)は開幕前に右肘の違和感を訴え、12日にようやくリーグ戦で復帰登板を果たしたところ。出場の決まった大学選手権では登板の可能性もあり「出番があれば100%でいきたい」と力強かった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス