文字サイズ

巨人・ビヤヌエバに警告 併殺崩しの危険スライディングで 与田監督が怒りのリクエスト

 「中日-巨人」(9日、ナゴヤドーム)

 巨人・ビヤヌエバが危険なスライディングをしたとして警告を与えられた。

 六回、1死一塁。小林の放った遊ゴロを処理した京田が二塁へ送球。6-4-3の併殺を狙ったが、一走ビヤヌエバが二塁手・堂上の足元へスライディング。堂上は一塁へ送球できなかった。

 このプレーに、中日・与田監督が怒りの形相でリクエストを要求。リプレー検証を終えた責任審判の西本一塁塁審は「規則を適用し、打者走者をアウトに、ビヤヌエバ選手に警告を与えます」と場内マイクを通じて宣告した。

 プロ野球のリクエスト制度は今季から対象プレーが拡大され、併殺崩しを狙った危険スライディングも適用。ビヤヌエバはもう一度警告が与えられると、退場となる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス