文字サイズ

甲子園球場で“珍事” リクエストで3度、同一審判による判定が覆る

 「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場)

 同一審判で3度、リクエストにより判定が覆る“珍事”が起こった。

 三回、DeNA・楠本が放った二遊間への打球を植田が好捕し、回転しながら一塁へ転送。ショートバウンドになったもののタイミング的にはアウトだったが、杉本一塁塁審はセーフの判定を下した。一塁ベンチから阪神・金本監督がリクエストを要求し、審判団が映像を見て判断した結果、責任審判の真鍋三塁塁審がアウトを宣告した。

 さらに四回裏には阪神・島田が放った一、二塁間への打球をソトが処理し、ベースカバーに入った浜口にトス。これもタイミングはアウトだったが、杉本塁審はセーフのコール。今度は三塁ベンチからDeNA・ラミレス監督がリクエストを要求し、再びアウトへ判定は覆った。

 悲劇は三度、起こる。五回表2死からDeNA・大和が放った三ゴロを大山がファンブル。慌てて捕球し直し、一塁へ転送した。これも明らかにタイミングはアウトだったが、杉本一塁塁審の判定は…セーフ。一塁ベンチから金本監督がリクエストの要求を行い、映像を見て検証した結果、真鍋三塁塁審が厳しい表情を崩さずにアウトをコールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス