文字サイズ

DeNA・東がベイスターズ球場で自主トレ「焦らず」じっくりと肩仕上げる

 DeNAの東克樹
1枚拡大

 DeNA・東克樹投手(23)が12日、神奈川県横須賀市のベイスターズ球場で自主トレを行った。

 グラウンドではあえて力を抑えるように、約20メートルの距離でキャッチボール。「去年もそういう感じだったので、焦らず、4月に向けて。それでいいかなと思います」と、じっくり肩を仕上げていく考えだ。

 今オフは鳥取県のトレーニング研究施設「ワールドウィング」を初めて利用。「鎖骨で投げるイメージ」と、ケガをしにくい投球動作を学んだ。ルーキーイヤーの昨季は大きな故障もなく、11勝5敗、防御率2・45の成績。「長くやるにはケガをしないことなんで」と“鉄腕”を目指していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス