文字サイズ

巨人・原監督 敗戦も“伸び伸び野球”に手ごたえ「一番実行しているのは松原」

試合前に、巨人・原監督(左)と言葉を交わしたMLB選抜・松井ベースコーチ(撮影・堀内翔)
6回、ベンチから試合を見つめる原監督(撮影・堀内翔)
4回、ランニングホームランを放った松原(左)を迎える原監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日米野球エキシビション、巨人6-9MLBオールスター」(8日、東京ドーム)

 巨人は若手投手陣がMLB選抜に力負け。原辰徳監督の東京ドーム“初陣”を白星で飾れなかった。

 先発に抜てきされた2年目の高田萌生が3回7失点。5三振を奪って光るものも見せたが、結果でアピールできなかった。後を継いだ大江、桜井はそれぞれ2回1失点。4番手の田口、5番手の鍬原がいずれも1回を三者凡退と好投した。

 躍動したのは育成出身の外野手、松原。四回に代打で登場し、3点ランニングホームラン。六回は俊足を生かして内野安打、さらに二盗も決めて存在感をアピールした。

 原監督はMLB選抜を上回る12安打を放った打線について、「攻撃陣は自信になったのではないか」と満足げ。松原を筆頭に若手がテーマとして掲げている“伸び伸び野球”を体現したことに「チームで一番実行しているのは松原。戦う以前で負けているような選手であってはいけない。いいものは出つつある」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス