文字サイズ

巨人・畠「びっくりしますから」阪神ドラ1近本は“ピノ”近大時代に同リーグで対戦

 巨人・畠世周投手(24)が26日、阪神からドラフト1位で指名を受けた同学年近本(大阪ガス)を警戒した。「とにかく足が速く周りから“ピノ”(野球ゲームの超俊足キャラクター)と呼ばれていた。50メートル走なら(同僚の)重信さんの方が速いと思うが、30メートルなら近本の方が速いかと」

 近大時代、当時関学大の近本とは関西学生リーグで対戦。平凡な遊ゴロを簡単に内野安打にされることから、内野手が定位置より2、3歩前を守る“近本シフト”を敷いて警戒したという。「来年見てください。びっくりしますから」と念を押して、脚力のすごさを語った。

 打撃そのものも優れているようで「立命館の辰己(楽天1位)は抑えていたけど、近本は当てるのがうまかったイメージで、よく打たれていた」と振り返る。

 同じセ・リーグでの対戦を楽しみと語りつつも「他の選手よりまずは自分のこと」ときっぱり。来季万全な状態でマウンドに上がるために、オフは入念に調整する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス