文字サイズ

日本ハム レアードが左腹斜筋肉離れで抹消 シーズン中復帰は絶望的

 試合前練習を途中で切り上げるレアード=18日
1枚拡大

 「西武-日本ハム」(19日、メットライフドーム)

 背中の張りで18日・西武戦を欠場した日本ハムのブランドン・レアード内野手が、出場選手登録を抹消された。この日、都内の病院で精密検査を受けて「左腹斜筋肉離れ(2度)」と診断。実戦復帰まで3~4週間の見通しで、シーズン中の復帰は絶望的となった。

 18日の試合前練習中に違和感を訴え、治療のため試合中に都内の宿舎に戻った。今季チームトップ26本塁打の助っ人の離脱はチームにとって大ダメージだが、栗山監督は「全てを受け止めないとスタートできない。苦しい時こそ新しいものを生み出していかないと。今いるメンバーで勝ちきる」と前を向く。

 代わって、横尾が1軍に昇格。2軍戦は23試合に出場して打率・270、4本塁打、11打点。指揮官は「いろんな選択肢があったけど、横尾が打ってくれると信じている」と活躍に期待を寄せた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス