文字サイズ

巨人・由伸監督に続投要請へ “勇気の若手起用”を山口オーナー「評価している」

 5回、先制の本塁打を放ったマギーを迎える高橋監督(左)
1枚拡大

 巨人・山口寿一オーナー(61)が12日、今季が3年契約最終年の高橋由伸監督(43)に対し、来季続投を要請する意向を明らかにした。都内で行われたオーナー会議出席後に対応。「私の一方的な考え」としたうえで「十分にチームを整えて、監督には腕を振るってもらいたいと思っている」と話した。

 就任3年目の今季は若手を積極的に登用。岡本や吉川尚らの台頭につなげた。春季キャンプ中に指揮官が「今年は若い選手を勇気を持って使っていく」と話していたことを明かした同オーナー。故障者続出で苦戦続きの中でも「その姿勢を貫いてきてくれているところは、私としては評価している」と懸案の“育成”で成果を上げたことを高く評価した。

 チームは3年連続V逸中で、今季も首位の広島に大きく離されている。「優勝できていないだけではなく、優勝争いから遠ざかっている。非常に強い危機感を持っている」と現状を憂いた。一方で「その危機感は、高橋監督とは共有できていると思っている」と強い信頼を口にした。

 続投要請の時期については「(順位争いで)息が抜けない。1試合1試合が最優先」と明言を避けた。だが、シーズン最終盤での球団トップによる言葉は重く、高橋監督が来季、4年目の指揮を執ることが濃厚となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス