文字サイズ

明徳、秋春全国Vに向けて上々発進 エース市川、最速142キロで2失点完投

 「練習試合、明徳義塾7-2聖カタリナ学園」(10日、明徳義塾グラウンド)

 昨秋の明治神宮大会覇者で、今春センバツに出場する明徳義塾(高知)が、聖カタリナ学園(愛媛)と対戦。プロ注目の145キロ右腕・市川悠太投手(2年)が先発し、5安打2失点、10奪三振で完投した。

 対外試合解禁後の初戦。市川は初回、先頭からいきなり4連打を浴びて2点を失った。しかし、「力みが取れてきた」という二回以降は本来の姿を取り戻し、相手打線を圧倒した。

 この日の直球の最速は142キロで、馬淵史郎監督(62)は「二回からはキレが良かったね」と納得の表情。センバツ本番に向け、市川は「ストレートはまだまだ。課題を修正したい」と冷静に話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス