文字サイズ

【野球】怪物級がズラリ、来秋ドラフト候補たち 阪神は岡山の151キロ右腕に熱視線

長身から角度のあるボールを投げ込む倉敷商・引地
1枚拡大

 今年も10月26日にドラフト会議が終わり、各球団のスカウトは、来秋へ向けて準備をスタートさせた。来年は高校生にドラフト候補がめじろ押しで、岡山にも“怪物候補”がいる。倉敷商の最速151キロ右腕・引地秀一郎投手(2年)だ。

 身長186センチ、体重82キロ。高校2年生とは思えない恵まれた体形から、独特のフォームでボールを投げ込む。あごの下辺りでグラブを構え、ノーワインドアップで始動。少し体をひねると、上体の力を使って勢いよく右腕を振り下ろす。

 持ち球はスライダー、カーブ、フォーク。最大の武器である直球には、強いこだわりを持つ。森光監督からは「日本で一番速いボールを投げられるようになれ」と言われており、球速、キレを含めて世代ナンバー1の直球を目指している。

 「変化球も混ぜるけど、直球で押していきたい。豪快さがあって、誰も手が付けられない投手になって、チームを勝たせられるようになりたい」

 マウンド上では強気で、打者に向かっていく姿勢を見せる。同校OB・星野仙一氏(楽天球団副会長)のような強いハートも持ち味だ。

 中学時代から注目を集めていた。高松中では軟式野球部に所属。軟球で最速137キロを投げて、全国大会で準優勝した。中学卒業時に182センチまで伸びた身長は、186センチとなった今でも伸びているという。

 倉敷商では1年夏からベンチ入り。入学して間もない1年夏の岡山大会準々決勝・玉野光南戦で146キロを投げた。2年春からは背番号1を背負い、今年9月の練習試合で151キロを記録。今秋はエースとして、岡山大会準優勝へ導いた。

 秋季中国大会は1回戦で盈進(広島)に敗戦。来春センバツ出場は厳しい状況となっているが、順調に成長してきた右腕に対して、プロも注目度を高めている。

 ドラフト会議の翌日の10月27日に、尾道市びんご運動公園で行われた盈進戦は、阪神、オリックスなど、複数球団のスカウトが視察していた。

 阪神・山本スカウトは「上半身で投げている今のフォームで、あれだけのボールを投げられるからこれからが楽しみ。体は大きくて強そうだし、一冬を越えて下半身の使い方を覚えれば、もっと球速が出る」と素質を評価した。

 体も技術も発展途上の岡山の剛腕は、現時点では高卒でのプロ入りを目指している。このまま進化を続ければ、1年後にはドラフト上位候補に名を連ねるかもしれない。(デイリースポーツ西岡 誠)

 ◆高校生の主な18年ドラフト候補◆

 【投手】

 佐野涼弥(浦和学院)

 米倉貫太(埼玉栄)

 鈴木裕太(日本文理)

 山田龍聖(高岡商)

 柿木 蓮(大阪桐蔭)

 横川 凱(大阪桐蔭)

 島田直哉(龍谷大平安)

 平田龍輝(智弁和歌山)

 引地秀一郎(倉敷商)

 土居豪人(松山聖陵)

 市川悠太(明徳義塾)

 森 悠祐(広陵)

 戸郷翔征(聖心ウルスラ学園)

 【捕手】

 野村大樹(早実)

 石橋康太(関東第一)

 【内野手】

 山下航汰(高崎健康福祉大高崎)

 斎藤大輝(横浜)

 根尾 昂(大阪桐蔭)

 山田健太(大阪桐蔭)

 西山虎太郎(履正社)

 小園海斗(報徳学園)

 太田 椋(天理)

 林 晃汰(智弁和歌山)

 【外野手】

 野村佑希(花咲徳栄)

 森下翔太(東海大相模)

 万波中正(横浜)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス