文字サイズ

山下智茂氏×広陵・中井監督対談【2】中村には「広陵には来んなって言った」

 中村(左)と笑顔で握手を交わす山下星稜総監督(中は広陵・中井監督)
1枚拡大

 星稜総監督の山下智茂氏(72)が全国の指導者を巡り次世代の高校野球を考える企画。今回は夏の甲子園で準優勝した広陵の中井哲之監督(55)を訪ねた。大会個人最多記録となる6本塁打など多くの記録を塗り替えた中村奨成捕手(3年)に、最初にかけた言葉は「広陵へ来るな」。27歳から古豪を率いてきた名将の理念を山下氏が深く掘り下げた対談。5回にわたってお届けする。

  ◇  ◇

 -中村は甲子園の活躍で女手ひとつの母に親孝行した。中学時代はやんちゃだったと。

 中井哲之監督(以下、中井)「そう言われていますが、母一人で妹がいるので妹を守るという正義感があり、売られたケンカは買う子だったようです。彼は僕の地元の中学校。2年の冬にある方に言われて見に行った。僕にあいさつした時に帽子をとると、冬休みだったのでツーブロックみたいな調子に乗った髪型をしていた。なんやその頭って。それで監督さんとお母さんに許可とって、ちょっと来いと。監督さんやお母さんはそんなんで喜ばれるか?そんなやつは野球せんでええんじゃ。広陵には来んなって言ってやったんです」

 -すでに注目選手だった。

 中井「目立っていたから広陵以外は来てくれ来てくれだったらしい。僕は誰よりお母さんを泣かすようなことしちゃいけん。野球しかできんのはお前のためにならんと厳しいこと言った。そうしたら、広陵に行きたいと言い出した。広陵に行けんのなら地元のカキ打ち場(カキのむき身をする作業場)で働くと。それで中学の推薦を得るために、朝早く学校に行って掃除したらしいです。あいつは誰より僕が一番怖いんですよ」

 山下智茂氏(以下、山下)「中井さんが父親のようだね」

 中井「本人はどうかわからないですが、僕は一生そのつもりです。まだガキなので僕は奨学金をもらっても大学に行った方がいいと思う。でも、僕が中村家(の事情に)に立ち入ってああせいこうせいと言えない。ならプロ1本で行きましょうと。どうせ行くなら高い評価を得て行けるように頑張りましょうとなりました」

 山下「僕も基本的にプロには大学に行ってからと。3年以内に1軍で活躍できると僕が思うやつしかダメ。あとはお父さんがいないという環境なら」

 中井「プロ野球は入るのが夢じゃなくて、活躍できる実力ができて行くところ。一か八かの人生を送るなら、大好きな野球を職業にできる社会人野球という選択もある。そっちの方が生涯賃金とか安定した仕事ができると常々思うし、そう生徒に言ってきました。プロの寮でおいしい食事を食べて、1軍選手のようないい服を着ようとなる。大学ではできないほどのすごい練習ができるならいいが」

 山下「高校野球はやはり愛される人、社会人として通用する人づくりだね。私は授業態度や私生活をきちっとできれば野球は強くなると考えます。若い時は反対で、野球だけ教えたらうまくなるだろうと思ったけど、それで失敗しました。野球人として、人間としてどうか。中井さんは僕よりもっと厳しい」【3】に続く

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    高校野球特集最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス