文字サイズ

DeNAドラ1東 23日・練習試合でベール脱ぐ

ブルペン投球を行った東
1枚拡大

 「DeNA春季キャンプ」(13日、宜野座)

 DeNAのドラフト1位・東克樹投手(22)=立命大=の実戦デビューが23日の練習試合、韓国・KIA戦(宜野湾)となることが13日、濃厚となった。開幕ローテ入りを期待される新人左腕が、ベールを脱ぐ。

 第2クール終了後には「あと何回かブルペンで投げて、手順を踏んで(実戦登板の日を)決めたい」と話していたラミレス監督。その“デビュー戦”は、第4クール2日目の16日に打撃投手を務めた後の第5クールの23日・KIA戦となる見込みだ。

 この日はブルペンで60球を投げ「今までの中で一番よかった。70点です」と東。近づく初実戦にも「打者に対すれば緊張感も感覚も違う。早く投げたい」と意気込み、ローテ入りへの第一関門に挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス