文字サイズ

今春センバツ導入のタイブレーク、決勝は適用せず 延長13回無死一、二塁から開始

2016年3月、延長15回引き分け再試合となった高崎健康福祉大高崎-福井工大福井
1枚拡大

 日本高野連は10日、大阪市内で今春の「第90回記念選抜高校野球大会」の運営委員会を開いた。同大会からの導入が決まっているタイブレーク制について議論し、延長十二回を終えて同点の場合は、延長十三回無死一、二塁から継続打順で開始することを発表した。なお、決勝戦は適用せずに延長15回までとし、決着がつかない場合は再試合となる。ただし、決勝の再試合ではタイブレークが適用される。

 日本高野連は、以前から選手の故障を予防する観点で、春夏の甲子園でのタイブレーク制導入に向けた議論を重ねてきた。反対意見が多く、導入は保留されてきたが、昨春センバツで延長15回引き分け再試合が2試合続いたことで議論が加速。昨年9月に今春センバツからの導入を決定し、試合が延長十二回までに決着がつかない場合、同十三回から採用することまでは決定していた。

 また、今夏の「第100回記念全国高校野球選手権大会」(地方大会を含む)でも導入されることも決まった。なお、地方大会でも決勝戦の規定は適用される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス