文字サイズ

清宮、涙の銅 最終戦カナダに快勝、高校野球に別れ

3位決定戦に勝利後のインタビューで、感極まって涙を浮かべる日本・清宮
 閉会式で拍手する清宮(手前左端)らU-18日本代表。奥は優勝した米国代表(共同)
2枚2枚

 「U-18W杯・3位決定戦、日本8-1カナダ」(10日、サンダーベイ)

 日本は3位決定戦でカナダを破り、銅メダルを獲得した。世界3位のウイニングボールを指揮官に手渡すと、早実・清宮幸太郎内野手(3年)の目に涙が浮かんだ。「主将としてなかなか貢献できなかった中、みんな文句も言わずについてきてくれた。いいチームになった」。世界一に届かなかった悔しさと少しの充実感。感極まった理由を説明した。

 最終戦で日本らしさが出た。三回は敵失につけこみ、打線がつながった。清宮も中前適時打で、一挙4点の先制劇に貢献。九回の最終打席は死球で「思い切り振ろうと思っていたけど、しょうがない」と残念がったが、最後まで楽しそうにグラウンドで躍動した。

 世界の舞台で2本のアーチを重ね、高校通算111本塁打に。「きりがよかったです」と笑うと「こういう雰囲気はすごく好き。将来はこっちに来てやりたいなと思った」と本場のエネルギーももらった。「ベンチや観客の人が喜んでくれたりすることがすごくうれしい。いろんな人が喜んでくれる、そういう選手になりたい」。怪物スラッガーは、新たな目標を口にして高校野球生活を終えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス