文字サイズ

国際武道大が初の決勝進出 延長十回、タイブレークで上武大を下す

7回、逆転の右越え2点本塁打を放つ国際武道大・赤木陸哉=神宮球場(撮影・三好信也)
延長10回、ショートに適時内野安打を放ちガッツポーズをみせる国際武道大・服部創太=神宮球場(撮影・三好信也)
延長で上武大を下し決勝戦に駒を進めた国際武道大ナイン=神宮球場(撮影・三好信也)
3枚3枚

 「全日本大学野球選手権・準決勝、国際武道大3-2上武大」(10日、神宮球場)

 国際武道大が初の決勝進出を決めた。タイブレークに突入した延長十回1死満塁で、服部創太外野手(4年・東海大相模)が決勝の二塁適時内野安打を放った。

 六回までは無得点。五回に1点を先制されて迎えた七回1死一塁で、9番・赤木陸哉外野手(2年・作新学院)が右翼席へ逆転2ラン。八回に同点に追い付かれたが、投手陣が粘って延長戦に持ち込んだ。

 延長十回は平川裕太投手(3年・東海大浦安)が無失点で勝利へ導いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス