文字サイズ

川谷のLINE流出、サイバー警察動く

不倫LINE流出で窮地に陥っている「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音
1枚拡大

 タレント・ベッキー(31)が、人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫LINEが流出したことで窮地に陥っているが、フリーアナウンサーの長谷川豊が1日、「サイバー警察が動いている」という情報を公式ブログで明らかにした。

 長谷川は今回の問題でベッキーは不法行為は犯してはいないとする一方、川谷は民法上の離婚要因に直結する不倫を働いたことから不法行為で「アウト」と判定した。

 そしてもう1人、川谷の妻については、状況からいってLINE流出と文春への提供の実行者に間違いないと断定。その上で「川谷君の携帯からどうして情報が流れたのか、すでにサイバー警察が動いています」と情報を明かした。

 ニュースソースには自信があるようで、「皆さん、あまり知らないことでしょうが、まぁ、もしかしたら早晩、流出経路が明らかになる可能性はあるかもしれないですね」と、この方面から新たな展開が生じる可能性を示唆した。

 そしてこのLINE流出は不正アクセス禁止法に違反する行為で、「ゴリゴリの犯罪行為です。刑事事件なんです」とし、またLINE画面の週刊誌への売却は民法上のプライバシー侵害にも当たることを指摘した。

 このように法律的な面から見たとき、長谷川は3人のうちで「完全にダントツで一番ダメな行為をしているのはゲス川谷君の奧さん」であると断定した。

 サイバー警察とは、警視庁が1998年に発表したハイテク犯罪の強化対策プロジェクトのことで、実践部隊が順次拡張されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス