阪神・佐藤輝に地獄キャンプ宣告“ノーモア大失速”へ落合流体力強化 極限まで追い込む

 ノックを受ける佐藤輝はボールを後逸し悔しがる
 井上コーチに体をチェック!?される(撮影・田中太一)
 矢野監督、井上コーチが見る中、ノックを受ける佐藤輝(奥)=撮影・田中太一
3枚

 鳴尾浜での本格的な自主トレ開始となった9日、阪神・佐藤輝明内野手(22)に井上一樹ヘッドコーチ(50)から2月の沖縄宜野座での“地獄キャンプ”が予告された。昨季は後半戦で大失速。1年間戦い抜く体力を付けるために、キャンプで極限まで追い込む方針だ。シーズン終盤に痛めた左膝も順調に回復。まずは万全の状態で南国に乗り込む。

 新年のあいさつをするため駆け寄ってきた佐藤輝に、井上ヘッドコーチが肩をたたきながら話し始める。その後は背後に回るなど、体をチェック。何やら言葉を掛けられると、佐藤輝は苦笑いをしながら首を縦に振った。

 井上ヘッドがその話の内容を明かす。「去年は“お客さん”みたいな扱いをしたところがあったけど。分かってんだろ?去年の後半はあんだけバテて体力がないことが実証されたやろって」。そう伝えた上で、2月沖縄での“地獄キャンプ”を宣告したという。

 その背景には、最近の落合博満氏の発言の影響が多分にある。落合氏は昨季、阪神が優勝を逃し、佐藤輝が後半戦で失速した理由を「体力不足」とばっさり。「どのチームよりも打撃練習をさせて、ボールを捕らせた。井上一樹は中日でどういう練習をして優勝したかっていうのは知っているはず」と、4度のリーグ制覇を果たした中日の落合政権時に選手、コーチとして携わっていた井上ヘッドを阪神のキーマンに挙げていたのだった。

 「オレもたまたま何かで見たけど、ドキッとした」という井上ヘッド。「『輝と中野、お前ら2人にはオレは厳しくいくぞ』というのは言った」と落合竜並みのハードトレーニングを課す方針だ。

 佐藤輝自身は「頑張ろうかなって感じです」といつも通りひょうひょうと反応。「自分に必要なことをやっていきたい」とうなずいた。この日はサードでノックを受けるなど、シーズン後半で痛めた左膝は順調に回復。「ほぼほぼいけるところまできています」と話し、1月中に打撃練習も再開する予定だ。

 「基本はやっぱり悠輔(大山)がサードで輝明がライト」と改めて井上ヘッドは明言したが、有事に備えるとともに「下半身強化のために」と、サードでの守備練習を今年はこれまでよりも多くやらせるという。

 「キャンプでは万全の状態でいけるように」と佐藤輝。暖かい沖縄で体をいじめ抜き、シーズンを通してハイパフォーマンスを発揮できる体力を身につける。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス