文字サイズ

阪神・矢野監督 今季最短3回KOの西勇に「あいつも苦しんでるからさ」 試合後に話し合い

3回、一挙5点を奪われて逆転を許した西勇はうなだれながらベンチへ戻る(撮影・田中太一)
 3回、巨人・丸に勝ち越し2ランを浴び、ぼう然と立ちつくす阪神・西勇=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
3回、巨人・岡本に同点3ランを浴びる阪神・西勇=東京ドーム(撮影・飯室逸平)
3枚

 「巨人6-6阪神」(24日、東京ドーム)

 阪神の西勇輝投手(30)は今季最短3回8安打5失点でKOされた。

 三回に岡本和に同点3ランを被弾。さらに、丸には勝ち越し2ランを浴びた。右腕は寝違えを訴え、14日に出場登録抹消。最短10日で1軍復帰となったが、試合を作れなかった。

 矢野監督は試合後に、西勇と対話。「あいつも苦しんでるからさ。丸々3年、ローテを引っ張ってくれて、今年は思うような投球、結果につながっていないというところで、もがいているから。話を聞くことで、何か少しでも気持ちが軽くなるとか、何かあいつの気持ちがわかるのであれば、ちょっと話をしておきたいなと思った」と、試合後に話し合いの場を設けた理由を説明した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス