文字サイズ

阪神・矢野監督「佐藤輝なにか持っている」「体験入部」の4番デビューで満塁弾

 5回、満弾を放った佐藤輝を迎える矢野監督(撮影・田中太一)
 5回、矢野監督は佐藤輝が逆転満塁本塁打を放ちガッツポーズ(撮影・山口登)
 広島に勝利しナインを迎える矢野監督(左端)=撮影・山口登
3枚

 「阪神7-3広島」(2日、甲子園球場)

 阪神が快勝した。ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が4番デビューでプロ初の満塁本塁打を含む5打点の大暴れ。矢野監督は「4番はちょっと体験入部のような、体験させてみようかなというところでしたが、何かしらこういうファンの人の記憶に残ることや、びっくりするようなことを起こせるのは、佐藤輝なにか持っているなという一日でした」と、称賛した。

 衝撃弾は2点を追う五回、無死満塁。野村の低めチェンジアップに泳がされながらも、右翼席へ逆転の8号満塁本塁打を放った。

 満塁でめっぽう強い佐藤輝は六回、1死満塁でも左前適時打を放ち、リードを広げた。これで今季の満塁での成績は7打数4安打で打率・571、1本塁打、9打点となった。

 阪神の新人が4番に座ったのは、2リーグ分立後4人目で、2017年の大山以来。佐藤輝は球団史上第107代4番打者となった。4番起用について、指揮官は「託すまではないですけど、ちょっと経験させてみて。サードで4番、ちょっといってみようかなと思いました」と語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス