文字サイズ

阪神・平田2軍監督が荒木、江越、板山ら野手陣評価 第2クール総括

 ナインの練習を見守る平田2軍監督(撮影・北村雅宏)
 特守の打球に対して飛び込む板山(撮影・北村雅宏)
2枚

 「阪神2軍春季キャンプ」(9日、安芸)

 阪神の平田2軍監督がこの日最終日だった第2クールを総括。特に野手陣の名を挙げて「荒木は仕上がっている。江越、板山もバッティングの感じがいいし、(1軍に)いつ呼ばれてもいいくらい」と評価した。

 今クールは、8日に初の実戦形式となるシート打撃が組み込まれるなど、おのおのがアピール。遠藤が2安打を放ち存在感を示したほか、ドラフト7位・高寺(上田西)が2打数無安打に終わったものの、外角低めの難しいコースに反応して、鋭い左飛を放つなど可能性を見せた。

 また、今キャンプでは午後7時半頃まで安芸ドームで練習に励む選手もいるなど技術向上に余念がない。朝のアップ後には、施設内の坂道を駆け上がるといった強化ランニングのメニューで下半身を鍛えている。

 投手陣では今クールに藤川球児SAが視察に訪れ及川や石井将、牧らへ助言。平田2軍監督も、若手投手陣にもたらす効果に期待を寄せている。

 「石井はサイドスローにフォームを変えたというところで。変則のピッチャーが1軍にもいないということでSAも注目したと思うし。牧にしても、もう一皮むければもっといいボールがいく」

 11日からスタートする第3クールでは、社会人との練習試合も予定されている。若虎たちのアピールが本格化する。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス