文字サイズ

阪神・平田2軍監督「野球なめとんのか」「真剣にやれ」馬場ら投手陣にカミナリ

試合後、馬場(左端)らに雷を落とす平田2軍監督(右端)=撮影・北村雅宏
3枚

 「フェニックス・リーグ、日本ハム8-1阪神」(28日、生目の杜第2野球場)

 阪神・平田勝男2軍監督が試合後、この日先発した馬場を筆頭に投手陣にカミナリを落とした。

 馬場は4回6安打5失点だった。1点ビハインドの二回2死一、三塁で宮田を一ゴロに抑えた…と思ったが、ベースカバーに入った際に捕球ができず、さらに2点を追加された形となっていた。

 守備の乱れもあったことから、試合後急きょ投内連係が開始された。平田2軍監督は投手陣が笑いながら練習をし、緊張感が無かったことから大激怒。「野球なめとんのか。あのプレーで負けたんやぞ、馬場。何を笑いながらやってるんだよ。真剣にやれ」。練習は15時50分から開始されたが、約1時間行われ、守備を徹底した。

 練習後にも平田2軍監督は「一つ一つのプレーにもっと重みを感じろ」と語気を強めて、投手や内野手に話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス