文字サイズ

阪神・ドラ6小川一平が1回無安打無失点の上々デビュー 最速は147キロ

5回から2番手として登板した阪神・小川一平=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「オープン戦、ヤクルト-阪神」(11日、神宮球場)

 阪神のドラフト6位・小川一平投手(東海大九州)が“プロ初登板”し、1回無安打無失点の好投を見せた。

 五回から登板。先頭・エスコバーの初球に、この日最速の147キロを投じた。1死後に四球を与えたが、9番・宮本は左飛、坂口も二ゴロに打ち取り、上々のデビューを飾った。

 今年の新人6選手(支配下選手のみ)の中で唯一、大卒入団の小川はキャンプは2軍で過ごした。しかし、最大の武器である直球の球威に加えて、変化球も評価されて10日にプロ入り後、初めて1軍に合流していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス