文字サイズ

阪神ドラ4・遠藤が仮契約「同じ年代には負けたくない」奥川&井上をライバル視

マフラータオルを大きく広げ笑顔の東海大相模・遠藤(撮影・三好信也)
2枚

 阪神からドラフト4位で指名された遠藤成内野手(18)=東海大相模=が8日、横浜市内のホテルで入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。(金額は推定)

 晴れやかな表情で会見場に現れた。これから踏み出すプロの舞台へ「日本中の皆さんに笑顔や感動を与えられる選手になりたい」と抱負。「同じ年代の選手には負けたくない」とヤクルトのドラフト1位指名・奥川恭伸投手(星稜)と、同じ阪神の同2位指名・井上広大外野手(履正社)をライバル視した。

 契約金の使い道は「これから親と決めていきたい。体のケアをできる道具を買いたい」。高校通算45本塁打、投手としては最速145キロを計測した遠藤。プロでは遊撃手で勝負する。「まだまだ課題がたくさんありますので、(まずは)体を強くすることを意識したい」と決意を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス