文字サイズ

大山は代打で凡退 鳥谷は出場せず 打線元気なくG戦5連敗…

8回を終え、阪神・鳥谷敬(左)は代打を準備するもベンチへ戻り、阪神・矢野燿大監督はベンチを出て選手交代を告げる=甲子園(撮影・山口登)
2枚

 「阪神1-4巨人」(30日、甲子園球場)

 阪神が巨人相手に惜敗し、3連敗。先発の高橋遥は7回9安打2失点の粘投も、打線の援護に恵まれず6敗目(3勝)を喫した。また、チームはこれで対巨人戦5連敗となった。

 試合は序盤から1点を争う展開になった。先発の高橋遥は闘志むき出しで巨人打線に対した。初回、亀井、坂本には全球ストレート勝負。亀井を遊邪飛、坂本を空振り三振に斬った。だが、丸、岡本に連打を浴び、二盗と暴投も絡んで、先制点を失った。

 それでも、ここを最少失点で切り抜けると、二回以降は追加点を許さない。三回は坂本、丸、岡本の中軸を3者凡退に斬って取った。六回まで最少失点で切り抜けると、裏の攻撃だった。2死から梅野が二塁内野安打で出塁。勝ち越しのチャンスだったが、高橋遥を打席に立たせた。期待、信頼の証しだった。

 だが、続く七回。1死から石川がマルテのグラブをはじく強襲の内野安打で出塁。犠打で二塁に進まれると、坂本を申告敬遠で歩かせ2死一、二塁。丸を打席に迎えた。フルカウントから内角の148キロをはじかれ、右前適時打で勝ち越し点を失った。ホームベース付近で両手を膝に付き、激しく悔しがる左腕。111球の熱投も報われず、1点のリードを許して無念の降板となった。

 「終盤のピンチの場面でも続投させてもらったのに、踏ん張り切ることができず、自分自身に悔しいですし、期待してもらったチームに申し訳ないです」

 一方、打線は1点先制された初回、マルテの適時二塁打ですぐ同点に追い付いた。それでも二回以降、得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ない悪循環が続いた。この日は、開幕から唯一、全試合でスタメン出場を続けた大山が、121試合目で今季初めてベンチスタート。代わって「6番・三塁」に北條を置くなどしたが、打線としてあと1本がでなかった。大山は九回に代打で登場したが右飛に倒れた。

 この日、午前中には進退に注目が集まっていた鳥谷が、29日に球団と来季去就について、話し合いの場が持たれていたことが明らかになった。鳥谷自身は、試合前に取材に応じ「自分がこれからどうするのかは、まだ全然考えていません」とだけ話した。この日は出場機会がなかった。

 シーズンは残り22試合。逆転CS出場に向けて、負けられない戦いが続く。

 31日の第2戦は西が先発する予定。再浮上を狙う上でも、まずは連敗を止めたいところだ。

2022-07-03
2022-07-02
2022-07-01
2022-06-30
2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス