文字サイズ

苦手ヤクルトから本塁打祭り 3回までに1試合5発

 「オープン戦、ヤクルト-阪神」(20日、神宮球場)

 阪神が3回までに、チーム5本のアーチを飾り本塁打祭り。昨季から“11連敗中”と苦手だったヤクルト相手に、大量得点を奪っている。

 まずは初回。1死一、二塁から、4番・大山に第1打席が回ると、変化球をフルスイングで一閃。左翼席へと放り込み、先制の3ランを放つと、後続が続いた。ナバーロ、糸原にも2者連続となるソロ弾が飛び出し、一挙5得点を奪った。

 そして三回だ。駆けつけた左翼席の虎党はお祭り騒ぎに。1死一塁で、ナバーロに第2打席が回ると、今度は低めの直球を狙った。はじき返された打球はそのまま左翼席へ。2打席連発で、助っ人が猛アピールに成功した。さらに2死を挟み、梅野もフルカウントからの7球目を左翼席へ。1試合5本塁打で、1-8と大きなリードを呼び込んだ。

 オープン戦での1試合5本塁打は、2010年2月27日のオリックス戦(安芸)以来のこと。9年ぶりとなる打線爆発で、チームを勢いづけた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス