文字サイズ

矢野監督 照れ笑い初星 打線爆発12安打 打ったらガッツポーズ指令で好ムード

 オープン戦初勝利を挙げタッチを交わす矢野監督(左から3人目)ら阪神ナイン(撮影・立川洋一郎)
1枚拡大

 「オープン戦、中日4-5阪神」(12日、ナゴヤドーム)

 1年前と同じくワースト2位となるオープン戦8戦目で白星をつかんだ瞬間、阪神・矢野燿大監督はコーチ陣と握手を交わしながら、照れ笑いを浮かべた。

 「みなさんに責められているんで意識はしてましたよ(笑)。やっぱり、いい顔でオレらも野球をやりたいし、これをきっかけにしていきたい」

 適時打を打った選手は塁上でガッツポーズをして喜ぼう!-。貧打にあえいでいた打線が一転、12安打と爆発。その裏には先週末行われた日本代表のメキシコ戦に、コーチとして出向いていた清水ヘッドの提案があった。

 「メキシコの選手がやっていていいよな、って話してくれて。今日みたいにどんどんやればいい。木浪なんかは恥ずかしそうにやっていたけど」。指揮官はベテランヘッドの提案による好ムード、好循環を喜んだ。

 オープン戦は残り9試合。「ウイニングボール?ないよそんなん。シーズンでいいや、それは」。この日の初勝利で波に乗り、開幕戦での“記念の1勝”へとつなげていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス