文字サイズ

初の対外試合で快勝!ドラ1近本がマルチ 望月ら投手陣も好投

7回裏阪神1死二塁、左中間を破るタイムリーを放ち、二塁を回る阪神・近本=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・立川洋一郎)
7回裏阪神1死二塁、左中間を破るタイムリー三塁打を放つ阪神・近本=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・立川洋一郎)
7回裏阪神1死二塁、左中間を破るタイムリーを放ち、ボールの行方を見ながら三塁へ達する阪神・近本(中央)=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・立川洋一郎)
力投する先発投手の阪神・望月惇志=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・中田匡峻)
4枚4枚

 「練習試合、阪神5-2楽天」(14日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 キャンプ初の対外試合で、矢野阪神が白星スタートを飾った。ドラフト1位の近本(大阪ガス)や、同4位の木浪(ホンダ)らルーキーが躍動。攻撃陣が6安打5得点と結果を残すと、開幕ローテーションを争う望月、馬場、浜地の3投手もそれぞれ好投し、アピールに成功した。

 攻撃は三回、江越、糸原の連続四球から、北條の右前適時打で先制。続く大山の左犠飛で追加点を奪った。さらに七回、1死二塁から坂本が中前適時打を放つと、続く近本が左中間を破る適時三塁打。木浪も右前適時打で続き、一挙3点を奪った。近本は三回にも右前打を放ち、対外試合デビュー戦でマルチ安打の活躍。開幕センター獲りへアピールに成功した。

 守備では開幕ローテーションを争う望月、馬場、浜地が3イニングずつ登板した。望月は3回1安打無失点。馬場と浜地は1点ずつ失ったが、それぞれ最少失点に抑える粘りの投球だった。

 矢野監督は「先発の望月も前回(紅白戦)から修正してきた。3イニング目を0に抑えたのは価値がある。あとの投手も持ち味を出してくれた。野手ではやっぱり近本。らしいバッティングと足を見せてくれた。木浪も、追い込まれてからあと1点というところで結果を残してくれた」と各選手をたたえていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス