文字サイズ

【鳥谷×狩野氏インタビュー2】最後は勝負して終わりたい

対談で笑顔を見せる鳥谷(右)と狩野恵輔氏
2枚

 今年からショートに戻って勝負をかける阪神・鳥谷敬内野手(37)を、デイリー評論家の狩野恵輔氏が直撃インタビュー。今年の漢字一文字に「挑」を掲げ、遊撃復帰にかける熱い思いをにじませた。現役生活最後ともいえる大勝負に臨むベテランが、レギュラー奪取への自信、そして引退後の理想像まで語り尽くした。

  ◇  ◇

 狩野「かといってショートしかしません、ということではないですよね」

 鳥谷「自分が一番勝負できるポジションはショートだということで、ショートで勝負したいと。例えばケガ人が出たりとか、チーム状況によってサードに行ってくれと言われれば行くし。ショート以外をやらないということではなくて、自分が一番勝負したいポジションを聞いていただいたから、それはショートで勝負したいと。他のポジションはやりませんよということじゃなくてね」

 狩野「そこは結構、間違えて捉えられている。ショート一本で勝負をかけるということではないですよね。選手は駒ですし」

 鳥谷「勝つために必要な選手でポジションを埋めていくのが野球だし、そういう意味では勝つために自分がセカンドとかサードに入ったりとかはある。シーズンは長いんで、全員が元気でやれるわけではない。一つの駒としてポジションが変わるってことに関しては全然、嫌だとかはない。選手はグラウンドに立たないと意味がないので、ショート争いで負ければ違うポジションを探さないといけない」

 狩野「これまで十分な実績がありますが、今後のモチベーションは」

 鳥谷「今は自分がどういうふうに野球人生を終えていくか」

 狩野「やっぱり終わっていく方のことを考えていると」

 鳥谷「当然、ここから10年先を見てできるわけじゃないので、自分がどういうふうに終わっていくかと考えたときに、チャレンジしないで今までやってきたことに満足することはない。2000本も目指してやってきたわけじゃないしね。最後は勝負して終わりたいなというのはある」

 狩野「じゃあ、ここから質問のテイスト変えていいですか?なんか硬いなあと思って」

 鳥谷「おまえが硬い質問してるんだろ(笑)」

 狩野「引退後の鳥谷敬は何をしていますか」

 鳥谷「理想は何もしない(笑)。あいつはどこにいるんだというぐらい。でも子供がまだちっちゃいからね」

 狩野「子供に野球を指導してみたいというのは」

 鳥谷「野球を教えるなら子供がいいかなとは思う。プロとか野球を仕事にしている人に教えるというのは、そこまで技術もないし、責任持てるかなあというのもある」

 狩野「お子さんから“ショートがいい”とは言われないですか」

 鳥谷「子供は試合に出ればいい。子供からすると(父親が)試合に出てるのが当たり前だったから。いつ球場行ってもお父さんが試合に出てるっていう状態だったのが、出ないかもしれないから行くのやめておこうかなとなってしまう。いつでも来られるような状態にしようかなと思いますね」

 狩野「単純な目標としては全試合出場ですか」

 鳥谷「全試合出るというのが毎年の目標。今年はもしかしたら今までで一番ハードルが高いかもしれないけど、それを目標にしていきたい」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス