文字サイズ

宜野座キャンプで即席サイン会 球場大改修で新たにスペース

近本(5)のサインを求め、ファンが長蛇の列をつくる(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神春季キャンプ」(1日、宜野座)

 阪神が沖縄県宜野座村でキャンプインした。矢野燿大新監督は午前9時35分に球場入り。曇り空だったが、報道陣約200人、テレビカメラ10台、熱心なファン約300人に出迎えられた。

 総工費5億4000万円の大改修が行われた「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」に、新たに敷設されたスペースで、即席サイン会が何度も行われた。

 新加入した西、新外国人のマルテ、新人の近本、木浪らがペンを走らせると、矢野監督も15分間、ファンの要望に応えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス