文字サイズ

高山契約更改で記者に逆質問「どう思いますか?」600万減の3200万円

契約更改交渉を終え、報道陣に囲まれる阪神・高山俊(中央)=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
契約更改交渉を終え、会見する阪神・高山俊=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
契約更改交渉を終え、会見する阪神・高山俊=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 阪神の高山俊外野手(25)が26日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季年俸3800万円から、600万減の年俸3200万円でサインした。(金額は推定)

 今季は、ルーキーイヤーの16年から3年連続で開幕スタメンを勝ち取ったが、5月18日に出場選手登録を抹消。6月12日に再昇格を果たし、その日の日本ハム戦(札幌D)に昇格即スタメンで、3ランを放つなど存在感を示した。しかしながら、出場試合数は45試合にとどまり、打率は172。2軍生活も長く、悔しいシーズンとなった。

 会見に姿を見せた高山は、金額の増減を尋ねられ「どう思いますか?」と苦笑交じりに逆質問。今シーズンを振り返って、との問いかけにも「1年間通して、皆さんも分かってる通りの結果だったので。僕自身が一番分かっているので、ここで言わなくてもいいかなと思います」と悔しさを押し殺すように言葉をつないだ。

 巻き返しを期す来季に向け「自信はあります。目指していく方向性というのは固まっている。方向性を定めていけるのが一番強いし、僕もこれで勝負できるかな、というのがある」と静かに、そして力強くうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス